2017年06月23日

生きとし生けるものが幸せでありますように。

ご紹介します。

 スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。
1945年スリランカに生まれる。13歳で出家となる。
スリランカの国立大学で仏教哲学の教鞭をとられたのち、
1980年に派遣されて来日。
現在は、日本テーラワーダ仏教協会などで初期仏教の伝道、
ヴィパッサナー実践の指導に従事されており、
修行練磨の誠実温厚な人柄、
的確流暢な日本語による説法で定評があります。
 朝日カルチャーセンター講師の他、NHK教育テレビ『心の時代』への出演も反響を呼びました。
 スマナサーラ長老は、お釈迦さまの根本の教えを通じて、
仏教とは今この場で役に立ち、
自ら実践し理解する智慧の教えで
あることを説かれています。


posted by 素朴 at 20:13| Comment(0) | スピリチュアルメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

眼では見えない放射能と霊性。

眼では見えない放射能と霊性。
Ustreamで広瀬さんの地震予想を
聴いて、つくづくと想う。
福島の今と岡山のこれからについての講演でした。昨日開催の録画、。
http://www.ustream.tv/recorded/103266570

夕方、トム・キャニオンさんのフクシマサウンドメディテーションを聞いています。
http://syumi3.noblog.net/blog/f/11558962.html
posted by 素朴 at 19:28| Comment(0) | ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

明日の平和瞑想 日時: 2017年4月11日 15時8分 (日本時間)



全世界のライトワーカーが同時に平和を引き寄せます。
ひとりのエナジーは強いものです。
是非試してみて!意図して!
明日の平和瞑想 日時: 2017年4月11日 15時8分 (日本時間)
詳しくはご覧ください。


Prepare for Change JAPAN

拡散希望!平和瞑想 2017-4-11
 
MAKE THIS VIRAL! PEACE MEDITATION 2017-4-11


 
再び行動の時がやってきました!
 
いまこそ、私たちの世界の運命を自分の手で決める時です!
 
惑星が平和になるまでのプロセスに時間が掛かりすぎていることを、皆さんも思っていることでしょう。
 
一つの集団として、このプロセスを加速させるチャンスがいま訪れました。
 
4月11日の満月の日を利用してポータルを作り、惑星周りのエネルギ・フィールドをバランスさせましょう。
 
この瞑想を行うことで、いまシリアで激化した軍事情勢のネガティブな影響を弱めることが出来ます。
 
https://www.rt.com/news/383782-us-strikes-syria-tomahawaks/
 
この瞑想を広めて下さい!
 
世界中に広めて下さい!
 
ウェブサイトやブログに投稿して下さい。
 
スピリチュアル・グループを招待して一緒にやりましょう。
 
代替メディアの関係者の知り合いがいれば、知らせてあげて下さい。
 
お住まいの地域周辺の地域フェイスブックグループを作るのもいいでしょう。
 
このイベントのための中心となるフェイスブック・グループも必要です。
 
動画を作ってYouTubeに投稿しましょう。
 
科学研究では、集団瞑想が人間社会に及ぼすポジティブな効果をすでに実証しています。

この瞑想に参加する一人一人が、イベントの実現を早めることができるのです。
 
http://thespiritscience.net/…/studies-show-group-meditatio…/
 
http://www.worldpeacegroup.org/washington_crime_study.html
 
この瞑想はまた、光の勢力が光のエネルギを地表に定着させることを助け、惑星和平に至るプロセスを加速させるために必要なライトグリッドの強化にもなります。
 
そのプロセスを加速させるために、地上の人々が唯一に最大限の影響を及ぼすことは、この瞑想に参加する人数を増やすことです。
 
私たちはこの瞑想で、144,000 人のクリティカル・マス(臨界数)に到達することが出来ます!
 
この瞑想の占星図は、太陽/天王星/エリス、ヴェスタ、木星/月と冥王星・ジュノーが作るカーディナル・グランド・スクエアを示しており、それは光の勢力の介入によって最終的に解消されるまでの惑星緊張状態のピークを表しています。
 
私たちはこの瞑想を日本時間、4月11日火曜日の満月の日の15時8分に行います(GMT 6時8分)。
 
日本以外にお住まいの方は、以下のリンクでローカルの時間を確認出来ます。
 
https://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html
 
==========
瞑想手順:
==========
 
1.
自分なりのやり方で、意識をリラックスな状態にしてください。
 
2.
この瞑想で、惑星地球とその住民に平和をもたらすプロセスを、加速させる意図を表明して下さい。
 
3.
銀河のセントラル・サンから放たれた光の柱が、太陽系内のすべての光の存在を通り、あなたの身体を通り、地球の中心まで降りていくのをイメージして下さい。続いて、もう一本の光の柱が地球の中心からあなたの身体を通って上へ、太陽系内のすべての光の存在に向かい、さらに銀河に向かっていくのをイメージして下さい。いま、あなたは二本の光の柱の中にいます。光が同時に上下に向かって流れています。この二本の光の柱を数分間維持して下さい。
 
4.
紫色の炎がシリアのヴォルテクスと、プラズマ界、エーテル界、アストラル界にあるそのヴォルテクスのエネルギ・フィールドを浄化しているのをイメージして下さい。それから、この紫色の炎が広がっていき、中東全域を浄化しているのをイメージして下さい。さらに惑星全体を包み込むまで広げていって、プラズマ界、エーテル界、アストラル界にある惑星のエネルギ・フィールドを浄化しているのをイメージして下さい。
 
5.
今度は柔らかいピンク色の聖なる女性的ヒーリング・エネルギが、シリアのすべての人々を癒やし、シリアに平和をもたらすのをイメージして下さい。この柔らかいピンク色の光がパルミラを守っているのをイメージして下さい。この聖なる女性エネルギが、シリアの武力衝突に関わった世界中の人々の精神と心を癒やしているのをイメージして下さい。続いてこの聖なる女性エネルギを中東全域に広げて、そこにいる人々を癒やしているのをイメージしてください。さらにそれを惑星全体を包み込むまで広げ、惑星上のあらゆる生きる存在を癒やしているのをイメージしましょう。
 
女神は平和を望んでいます。だからきっと平和になるでしょう。
 
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
 
瞑想日時: 2017年4月11日 15時8分 (日本時間)
https://youtu.be/iqWm1MYQyJc
posted by 素朴 at 10:36| Comment(0) | スピリチュアルメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

孤独はどこにでもあります。個人はつねに孤独です。ラマナ・マハルシの言葉

孤独についてのことです。
ポジィティブの孤独を考えても
いいのではないでしょうか?


■不滅の意識(p−18)


質問者:ヴィチャーラ(探求)のためには孤独が必要ですか。

ラマナ・マハルシ:

    孤独はどこにでもあります。個人はつねに孤独です。

    われわれのなすべきことは、それを自己自身の内部

    に見出すべきで、外部に探し求めるべきではありません。


    孤独は心の中にあります。ある人は世俗世界の中にいて

    もなお、彼が孤独の中にいるような平静を保っている

    かもしれない。

    他の人は遠く離れた森の中にいてもなお、心を制御する

    ことができず、孤独の中にいると言うことができないかも

    しれない。
 
    欲望に執着している人びとは、どこにいても孤独を達成

    することができないし、一方とらわれのない人びと、

    たとえ彼らが仕事に従事していても、つねに孤独です。

    仕事は執着を伴ってなされるとき、それは束縛です。

  
    孤独は森の中でだけ見いだされるべきではなく、

    世俗の職業の真っただ中にあっても得ることができます。


(引用:柳田 侃 翻訳「不滅の意識」ラマナ・マハルシとの対話) 







不滅の意識―ラマナ・マハルシとの会話

中古価格
¥1,689から
(2015/9/23 14:00時点)





posted by 素朴 at 10:36| Comment(0) | 参考書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

子供の七つの守護神の歌Seven guardian songs of children

子供の七つの守護神の歌
Seven guardian songs of children

ラベル:弾き語り
posted by 素朴 at 18:18| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
耳で読む本?「オーディオブック」詳しくはこちら!